エンドウ工務店

エンドウ工務店についてCONCEPT

~本物の環境にやさしい家を目指して~

初めまして、有限会社エンドウ工務店の代表 遠藤です。

大工からの30年の経験をもとに、よりよい家を、手の届く価格で提供していくために設立した会社が エンドウ工務店です。

私どもがご提案する「いい家」とは、

 

デザイン・構造・断熱・省エネルギー性のすべてに妥協のない家であり

住む人の 健康と財産を守る家であることです。

これまで日本の木造住宅の寿命は約30年と言われてきました。

その最大の理由は、柱などが壁内結露により腐食することでした。

また、流行を取り入れただけのデザインや間取りも、年月とともに魅力が色褪せていき、建て替えのサイクルを縮めることにつながってきました。

 実はいまだに日本の住宅市場では、建物の躯体そのものの性能を疎かにし単に太陽光発電や高効率給湯器に頼った見せかけだけのエコ住宅であったり、デザインは良いものの性能は今ひとつといった住宅が多いのが実情です。しかし、装備に頼った「メカ住宅」では、本物のエコ住宅とは言えませんし流行のみを取り入れたデザインは決して長くその姿形を愛することはできないのではないでしょうか?

 本当にいい家であるためには、器の性能を極限まで高め、気密性や耐震性などの性能を数値化することや、必然性から生まれる飽きのこないデザインであることが絶対条件だと私は考えます。デザインと性能が両立することで、初めて長持ちする家が実現するのです。

そしてもう一つ大切な事は、現場での品質管理です。

私は学生の時に建築家に憧れこの建築の世界に飛び込みました。まずは大工として現場から初め→次に現場管理をしながら→自分でプラン、設計をして今ですと住まいを考えてる皆様の窓口として最適な家と資金と住宅ローンの相談にもお答えしています。

底辺から頂点に向かいほぼ全ての工程を経験し覚えてきた現場経験をお客様の家づくりに活かしております。

大工としてハウスメーカーの家づくりにも参加してきました、住友林業、三井ホーム、セキスイハウス、スエーデンハウス、と日本を代表するメーカーのお仕事にはほぼ関わって来ています、

そこで得た知恵と経験が今の私の源です。

私の強みは=自分の知識と手によって技術を実行できることであり、

同じ経験を持つ住宅会社の社長は他には居ないと言う事です。

そんなところが業界の常識にこだわらず進む私を回りは変人扱いするのかも知れません。

 

皆さんは、

大工に国家資格があることをご存知ですか?

ほとんどの方が知らない事ですが・・・。大切な事です。

 

当社で働く大工は皆大工の試験を受けてもらいます、その資格を持った物がリーダーとして現場を管理を任せています。

山梨で働く大工さんの9割以上は無資格の作業員であることと勉強を一切しない、感覚だけで仕事をしている事が事実です。 実際にそのことにより現場では多くの問題が起きてそのままでいる事も私は見てきました。

安心して任せて頂くために当社は日々大工さんにも勉強をしてもらい資格取得を条件に働いてもらっています。

今回の熊本で起きた震災で倒壊した建物の中には施工計算上の基準は満たしていたが施工不良が原因で倒壊したと思われる建物も含まれていたそうです。

現場で働く者立ちの知識量の乏しさや意識の低さから起きたことに、私はそんなことをさせないためにも意識の高い棟梁を育成し、安心してお任せ頂ける人材を育て「住みやすくて美しい家」をこの山梨に増やしていくことがこの会社の使命だと本気で挑んでいます。

もう一つ、お伝えしたいことは、「絆」この会社は家づくりが終わった後を大切にしています、